検索
  • 今田

檜原村「神戸岩」を見にいこう



どうも、どうも。

先週、先々週のヒルネット。


まず先々週は、ヒルネットでも「お出かけ」活動の一環として、焚火の会を開いてみました。


火を起こすところから、なるべく手伝わず、子ども達たちにやってもらいます。

「焚き火」に慣れているお兄さん、お姉さんにも急遽参加してもらいましたが、一番最初はアドバイスなし。

自分たちの知恵とイメージを使って火を起こしてもらいました。

結果、苦労するも何とか火起こしに成功。

「盛大な炎」となるには、遅れて参加したレイ分隊長の支援が必要でしてが、何とか無事、焚き火の会らしい活動ができました。

今後もいろいろな場所を使ってヒルネット「焚き火」活動も行なっていこうと思います!



一方、先週の教室活動では、M子お姉さんに教えてもらいながら、ポップアップカード作りを行いました。

高学年男の子諸君はあんまり興味なさげでしたが、女の子たちは、それぞれ思い思いの作品をつくっておりました。


私も作ってみたんですが、これがなかなか難しい。

M子お姉さんに手伝ってもらいながら、何とか作り上げました。





そして木曜日の「お出かけ」。

先週は通称エカチェリーナことSさんの企画で、東京都唯一の「村」、檜原村にフィールドワークに出かけました。

上はエカチェさんの作ったレジュメ。


当面の目的地は神戸岩(かのと岩)というパワースポット。

これを目指した武蔵五日市駅からバスで30分。さらに歩いて歩いて歩きます。

バス下車から30〜40分ほど歩いたところ、見えてきましたか巨大な岩石。

そう、これが神戸岩です。

なんでもジュラ紀に形成された硬いチャート層が風雨に耐えて今に残されたものだそうな。

下からみると巨大な岩戸が開きかけている様子に見えるため、いわゆる「天の岩戸」になぞらえて神戸岩と名付けられたそうです。


この神戸岩、なんと岩肌に沿うように歩いて、渓谷を散策できるようになっています。


まあ「散策」という感じではないですね。直前にはトンネル?というか真っ暗なトンネルもあつまたりして。

ちょっとしたアドベンチャーコースになっています。



ただ景色は雰囲気はやっぱり最高!

渓谷を流れる滝を見ながらのお弁当となりました。


ただし、帰りがやっぱり大変だった。。。

さすが東京都唯一の「村」!

小川の流れは美しいが、ほんとに何もありません。

ついでにバスもほとんど走っていない。。。

帰りたくてもバスがなくって帰れない。


最初は楽しく川沿の道を歩いていた一行にも段々と疲労の色が。。。

結局、当初訪ねる予定だったもう一つの名所、「拭沢の滝」に行くのは諦め、川遊びしながらなかなかやってこないバスを待つことになりました。

これはバス停のすぐ近くで発見した滝の写真。

拭沢の滝には行けませんでしたが、まあ良さげな滝も見れたしこれで満足することにしよう。


次週でヒルネットも一旦お休み。

最後まで楽しく活動したいと思います。












54回の閲覧
​お問いあわせ・お申し込み
  • Facebook
  • Instagram
Copyright(c)2020 HIRU-net All rights reserved.