top of page
検索
  • 今田

2023年締めくくり! 戦艦三笠に乗って奥多摩で料理をするの巻



どうもどうも。

タイトルが意味不明ですね。良いんです。考えるのが面倒なんじゃあないんだぜ。むしろ、アレだ。謎のタイトルでビューを稼ごうっていう最近の悪しきネット仕草だ。そうだ、そういうことにしておこう。


ということで、先週のヒルネット。

は、なんと年内締めくくりとなる活動!

その締めくくりを飾った活動は何か? ここでマロ君のお言葉。

〈ようやく、ようやっと僕の要望が通った。今年も最後というこの節目だからこそ許されたのか。4月から提唱し続けた「戦艦三笠」に行くことが許された。〉


思わず太字にしちゃったぜ。

そう。もうこの半年しつこいぐらいに三笠公園〜三笠公園〜と到着駅を知らせる車掌のごとくミーティングの折に繰り返していたマロの呪詛に近い要望がついに叶った!

彼が繰り返すたびに「横須賀? どこそれ」「アホか。遠すぎるわ」と一笑にふされてきたわけだけれども、何事も継続が大切。

「そうか、年内活動納めのお出かけだから、遠出先としては良いんじゃね?」という雰囲気を醸成することに成功。

ついにマロ念願の三笠公園に出かけることと相成りました。


ということで、年末活動納めとなった先週は、この三笠公園へのお出かけと、番外編的活動として奥多摩古民家にて料金&焚き火の会を催してまいりましたぜ!


さてさて。

その三笠公園なんですが、そもそもそれって何、美味しいの? という方もいるかと思い解説しておくと、そこはとどのつまり、


戦艦「三笠」が鎮座まします場所である!


戦艦三笠って?

そう。それは今を遡る118年前。日露戦争。

その雌雄を決した日本海海戦。ロシア・バルチック艦隊との決戦!

その日本海海戦において東郷平八郎率いる帝国海軍の旗艦として活躍したのが、この旗艦「三笠」なのであーる!

その戦績を讃え、今日においても世界三大記念艦として、この三笠公園にて内部含めて見学できるようになっておるのだ!


が、難しいことはどうでも良い。

戦艦! 戦艦! 戦艦!


戦艦はロマン。戦艦見るってだけでテンション上がるっちゃね!

なんせイマンモは超ちびっ子のとき宇宙戦艦ヤマトを見て育った世代。

それが戦争の道具であるということに心のどこかで疾しさを感じながらも、心の別の部分から涎が溢れ出すのを止められない。

理屈じゃあないんだ! 平和主義者の宮崎駿も兵器描く時のテンションは異様やろ!零戦で風立ててまうやろ!


ということで、当日の興奮が未だ冷めあらぬイマンモに代わり、おそらく当日の興奮度はイマンモ以上だったかもしれないマロ君に筆を譲ろうと思います。


〈横須賀に到着後すぐに、龍角散が来ていないことに気がついた。1時間以上遅刻するとのこと。この前の僕のように置いて行かれることは必至。それでは可哀想だったので予め三笠に集合ということにして、時間を潰すためベルニー公園へと向かった。〉


〈ここには「陸奥」の4番砲塔の左舷側の砲身、寄贈されたという1/100の精密な模型(しかも木製甲板)などが展示されていた。丁度数ヶ月前に陸奥記念館へと行ってきたこともあって、イマンモと2人これが欲しい、幾ら出せば買える、クリスマスにこれを贈ってくれなどと騒ぎ立てた。〉

〈この模型、とても格好良い。嗚呼、欲しい。いくらだ?幾ら出せば買える?(検索したところ未塗装で247万円ほどだとか)さすがに自分で買うのは無理だ。そういえば、もうすぐクリスマス。誰か、買ってくれないだろうか……〉

※俺も欲しい。欲しすぎる! そうだ。きっと今日から一年間呪うがごとく祈り続ければ、来年はサンタが49歳のオッサンのところにも届けてくれるはずだ!


〈そうして海上自衛隊、在日米軍の軍艦を見ながら三笠目ざして歩くわけだが、そこで唐突に事件が発生した。いつものようにカッパくんたちが前を歩き、僕は中間にイマンモ達と、後方にはレイセン、パイセン、トラたちが少々遅く歩いていた。そんな中、後方にいたK兄をある悲劇が襲った。


 いつからかは知らなかったのだが、そのときK兄は唐揚げを食べながら歩いていた。集合時間がいつもよりも遅かった影響で、すでに11時半ごろ。そんな時間だったからなのか不意に後方から誰かの叫び声が聞こえた。


 それを目撃していたトラは、パイセンは、言う。先ほどから上空を旋回していたトビが急降下し、K兄の手から唐揚げを強奪していったと。なんと恐ろしい、そして逞しいトビだと皆一様に感心した。けれども僕たちはそれだけだと思っていた。こんなに怖いトビは1羽だけだと。その考えが決定的に間違っていると知るのは、もう少し後になる。横須賀のトビは恐怖の対象としかならないであろう。〉


〈そのトビに皆の意識が向けられたからか、皆次々に間違った道へと進んでいく。軍艦の記念碑や慰霊碑の前を通ったときは、まだよかった。けれどもその後進んでいった1本道は在日米軍のゲートに通じていた。道理ですれ違う人は外国人ばかり。それもこちらに訝るような目を向けてきたわけだ。そこを迂回するためにまた来た道を巻き戻り、また選んだ道の前にゲートが出現する。〉


〈なんとか三笠の近くに辿り着いたときには、龍角散はとっくのとうに到着しており、さらには上甲板で昼寝をしていたという。2時間彷徨い歩き続けた僕とは偉い違いだ。


 入口に飾られる「バルチック艦隊の砲弾」や「戦艦大和の砲弾」などをざっと見てから艦内へと進む。入口には三笠についての解説があり、「数に倍するバルチック艦隊を水雷艇三隻の損失のみで壊滅させた」などと書いているが、終戦直後に水兵の過失で爆沈したことは書かれていなかった。さすがにそんなことを書いては人が持つ印象は最悪だろう。事実そのことを知った皆の口は驚愕のあまり上下に開いたままだった。〉


〈早速上甲板を走り回り、後部の、続いて前部のと艦橋へと登っていく。幸い天候には恵まれたものの、風は馬鹿には出来ない。階段を登る途中で危険に気付き、急遽マスクや紙の束など手に持っていたものをポケットに押し込みリュックに詰め込む。この風では吹き飛ばされてマストにでもかかりそうだ。そうなったなら目も当てられない。龍角散と一応何人かには声をかけておいたが、はたしてどうなるか。〉


〈因みにこの後、カッパくんや龍角散は前部艦橋へ言った際、誰だったかが言った「鬼ごっこやろう」などの声に誘われてなんと上衣、荷物をすべて置き捨てて甲板まで下りてゆく事故が発生した。たまたまその場に居合わせた僕たちが飛びつき、風に飛ばされるのは未然に防ぐことが出来たが。


 また、同じ場所で動画撮影をしようとしたレイセンは、首に巻いていたマフラーが空高く舞い上がり、あやうく海へと還してしまうところとなった。幸いなことにそれを見た僕や龍角散、カッパくんが殺到(艦首部、上甲板などからそれぞれ見ていた)して事なきを得た。〉


〈話は変わるが、東郷平八郎はこんなところで指揮をしていたわけだ。おまけに開戦時などは下手をすると18ノットは出る。だいたいが時速33km。そんな状況で高さは不明だが、おそらくは地上高10メートル以上の場所に立っているわけで、これが日本人以外の西欧人であれば即座に吹き飛んでいただろう(絵を見る限り、当時の日本人は小柄だからなんとかやっていけていたようにも思われる。)事実、僕たちが上に登るとひどい突風で吹き飛ばされそうになるし、その気になれば手すりから身を乗り出して落下することだって簡単だろう。〉


〈早々に退散することに決め、艦首部で謎の「たいたにっくごっこ」をやっているカッパくんと龍角散を無視。右舷の補助砲を動かして近海を通る船や近くの駐車場で動く車などに砲を向ける。ここの砲は上下左右に動かすことが出来るし、非常に楽しかった。〉

〈その後も上甲板、中甲板と副砲などを回る。三笠のシミュレーションゲームを終えた後、うっぷんばらしのため鬼ごっこを始めたメンバーもいたが、それには僕は参加していなかったので割愛。そういえば、13時頃か一度すごい振動があったのは、いったいなんだったのだろうか。


 いったんは皆鬼ごっこを終わらせたようだったけれど、未だ鬱憤(?)は蓄積していたようでしばらくVR機器を装着した後ふたたび暴れ回り始める。とはいっても、皆この1年でひと皮もふた皮もむけたようで非常に節度がある。〉

※以下はVRにて日本海海戦を「体験」する皆さん。イマンモもやってみた。結構迫力あって、ちょっとVR買おうかなと思っちゃったよ!

(なお2枚目はワイ。おい、こっちみんな)


〈とはいっても龍から始まって散で終わるどこかの誰かさんが僕の鞄を上部艦橋に置き去りにしてきたこともあったが、最上部の露天艦橋へと置いてこなかっただけまだマシと言えるものであろう。


 以下は、そんな彼らが思い思いに艦内を廻っているときの写真である……一部、不可解な行動を取っているメンバーも居るには居るが。〉


〈兵員室や艦長室、長官公室などを回った後に一度上甲板にて集合する。いつの間にやらもう14時だ。一度退艦して弁当を食べに行こう。そう思い、モールス信号にて「龍角散うるさい」やら「私の名はemmanmoだ」、「我等がヒルネット、ここに参上」などと打っているメンバーを置いてひっそりと公園へと向かっていく。後々、後悔したものだ。何故三笠で食事をしなかったのか、何故あんなことを龍角散に許してしまったのかと。〉

〈三笠公園、野外ステージの近くにて昼食を摂ろうとしたのだが、内陸部から強風が吹いていたため小さい丘を越えて海の近くに陣取ることにした。この選択もまた、失敗だった……前々から兆候はあった。ちらりちらりとソレは姿をこちらに見せていたのだ。〉

〈それを知りながらも、何故こんな所を選んでしまったのかと今でも後悔している。あんな目に遭うのはもうこりごりだ。

 弁当を食べ終わりソースと2人多すぎる蜜柑を食べようとしたとき、ソレらはやって来た。〉

そう、トビである。

 最初は1,2羽が唐揚げを食べていたりコロッケを食べていたりした僕たちを見に来ただけだった。それなのに、龍角散の行動がすべて灰燼に帰してしまった。弁当を隠し早めに食べ終わろうとした僕たちの努力は無に帰ってしまったのだ。 彼が掲げたるは、ソースから提供された蜜柑と、その皮。それめがけてトビがやってくる。彼は逃げる。逃げて、逃げて、逃げすぎた…… なにやら米軍基地の方から黒いものがやって来るということに、最初に気がついたのは誰だったか。このことは、のちのちまで語り継がれるであろう。俗に「ヒッチコック事件」とでも言うのだろうか。 これにより、公園の一部では見るも恐ろしい光景が展開された。〉

〈おのれ龍角散、許すまじ!皆の胸中はその一言で埋め尽くされた。このことが、皆の結束を強めた。もしも来年水場に行くことがあったのなら、真っ先に落とされるのは彼だろう。〉


〈これにて今学期の活動は終了、と言いたいところではあるが本当はまだ活動は残っている。土曜日に奥多摩珊瑚荘にて「料理教室」なるものをおこなうそうで、それにはなんと数千円引きで参加できるのだとか。それを目がけて龍角散を筆頭に皆向かった。本当は僕も行きたかったのだが、最近奥多摩合宿後に風邪を引いていることから止めた方が良いといわれてしまった。特に、26日からは解剖教室への参加が決まっている。残念だがこれへの参加は諦めて、来年の初詣まではしばらく休むことにしよう。〉



さてさて、マロ君も最後に書いているように、ヒルネットの年内の活動は正式には戦艦「三笠」乗船記念大勝利の会(喜びのあまり意味不明な名称)で活動納めとなるはずだったんですが、一日空けた土曜日、番外編的活動として、奥多摩古民家にて料理&焚き火の会も催してまいりましたよ!


しかも、今回はヒルネット単独での開催にあらず。

教室をシェアしているブイネット教育相談事務所の皆さんや、そこでのグループレッスン「音読サイコロ道場」の参加者皆さんと一緒に開催!

そこにスタッフ・レイセンの友人である料理の先生や古本屋さんなんかも参加して、総勢30人の大盛況の焚き火祭りとなりました! ということで、こちらの様子も簡単に「記録」し紹介しておきましょう!


主催は「サイコロ音読道場」のスタッフでもあるレイセン。

なので、イマンモは10時開始のところをのんびり11時ごろに参加(ごめんなレイセン! ワイは早起き苦手なんや!)

古民家に着くと、既にヒルネッター含めたたくさんの子どもたちが楽しげに料理の下ごしらえを行っているではないか!


キッチンで、屋内で、そしてなんでか屋外でも!

各グループに分かれて野菜切ったりポテサラこねたりパイ生地伸ばしたり。年長の少年少女が年少の少年少女に声がけしながら作業を進める(たまに立場が反対の場合あり)。 それはまさしくクッキングバトル!(意味不明なれど当日の勢いを表現) あちらこちらから元気な声が響きわたっておりました。


もちろん、ずっと料理だけやってるわけじゃあない。これは料理&焚き火の会。

作業がひと段落したお子さんたちは火を起こして焚き火の前でまったり。

遅れて参加したせいで、どこの料理班にも入れてもらえなかったイマンモは、もっぱら焚き火に薪になる木をノコで切っておりました。


そして屋内では、そろそろ料理が完成間近。

写真は大量のポテサラをこねた鍋を捧げ持つヒルネッターの少女。


焚き火の場では、炎でチーズをゆっくり溶かす。切った野菜を、この溶けたチーズにつけて、チーズフォンデュの出来上がり! これまた、めっさ豪華な焚き火料理やんけ!


再び屋内。出来上がった料理を、清潔なテーブルクロスに直接並べていく。これまたオツな演出です。

今回の料理は信州のサイコーに美味しい野菜を使った料理がメイン。長芋やカブの素揚げ、サラダにポテサラ、野菜包みのパイなど、野菜本来の味を生かしたものばかり。

だからテーブルクロスを「ハタケ」に見立てて、そこから野菜を収穫、食しましょうねという演出です。


そして完成。お皿を持って、皆さん一緒に「いただきまーす!」の大合唱!

大人も子どももそれぞれ自分の皿に「収穫」した料理をいただきます。


ゥンまああ〜いっ‼️(トニオさんの料理を食べた億泰ふうに)


これがもうメッチャ最高にうまかった! まさしく野菜の旨み美味しさが舌に溢れ出すう!

子どもさんに遠慮して、そんな食べないでおこうと思っていたイマンモも思わずモリモリいってしまう。

イマンモ的には特にカブの揚げ物と野菜パイいがサイコーでした!


ということで、大満足の料理会。

食後はまったりとした気分に浸りながら、焚き火にあたる。大人はコーヒーなんか飲みながらお喋り会。お子さんたちはいつお通り鬼ごっこにドロケイ。わっきゃわっきゃ。


日がかげってきたら、囲炉裏に点火。囲炉裏の火も、焚き火とはまた違った癒しがありますよねー。のんびりほんわかぽよよんよん(雰囲気擬音ね)


こんな感じで午後4時。

30人というかつてない人数での料理&焚き火の会も無事終了。

レイセン、皆さん、お疲れ様でした。

すっかり日が暮れるなか、少年たちと一緒に帰宅しましたよ。


さてさて。

以上で今年のヒルネットも完全に活動納め。

イマンモはもう少し個人レッスンなんかで教室にいくけれど、ヒルネットの活動は冬休みに入ります。

本年もヒルネッターのみんな、保護者の皆さんの協力のおかげで、一年とっても楽しく活動できました。

次回の活動は1月5日の初詣。それまでみんなゆっくり羽を伸ばしてね。


年が明けたら、またオモロいことをみんなで見つけて一緒にやろう!

それではそれでは、ご家族皆様、どうか良いお年をお迎えくださーい!

閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page