検索
  • 大澤

平島FAと町田りす園


皆さまこんにちわ!大澤です。

というわけで今回は2週分を一回にまとめて投稿したいと思います。

というのも、最近急激に寒くなって、タイピングしていると指が冷えるなーと思っていたら、あっという間に時間が過ぎ去っていたわけです。


言い訳はさておき、早速行ってみようと思います。

まずはじめに訪れたのは平和島フィールドアスレチック。

入場料は大人360円、小学生はなんと100円で時間は無制限です。

品川駅で乗り換えて平和島に向かいます。

この頃は寒くなってきたので、体を存分に動かすことに。

アスレチック内ではお弁当を食べれないので外でおにぎりを口に入れてから入場します。




木と縄でできた様々なアスレチックに挑んでいきます。

しかしこのアスレチックがなかなかのハードモードだったんですね。



こちら中盤に出現する水場のアスレチックです。

水というスリルがなんとも面白いエリアですが、12月ということもあって濡れればかなり寒いことが予想されます。が、、


なんと、「去年も行けたから行けるっしょ!」と挑戦した大澤先生ですが、池の中から謎の手が忍び寄り、そのまま池へと引き摺り込まれていったのです。(普通に丸太の上で滑って水没しました)

ユニクロのヒートテックの加護もあって命だけは守られましたが、精神的には大ダメージです。



そんなことは御構い無しに子どもたちはぐんぐん遊びます。

これも人気アトラクションの一つです。

大人は乗るだけでもタイタニック号ですが、低学年組はロープを伝って上手に渡っています。今回初挑戦の子も無事に渡りきることができ、達成感に満ちているような表情をしていました。



普段は教室内では騒がしい少年達も、ここでは一人一人が皆ヒーローですね。

各々が気に入ったアスレチックで遊びます。


しかしここで再び魔の手が!


なんと若干終盤にして、隊長が大澤隊員と同じステージで足を取られ大ダメージ!

さすが隊長です。みんなの期待を裏切りません。


しかし、教室内でもすでに有名になった水没対処法よりなんとか復帰。

※みんなもアスレチックに行くときはしっかりと準備していきましょう。

アスレチックを十分に堪能した後はお隣の景色の綺麗な公園にて遅めのお弁当を食べて解散しました。




「わたしはりすの友達なのだろうか・・」

ということで、翌週は町田にあるりす園にいってまいりました。


犬や猫と違って都会人には馴染みがありそうであまりないリス。

こちらの園ではリスを代表にさまざまな齧歯類に触れ合えるマニアックな場所ですね。



なんというか、りす園という雰囲気がいろんなところに現れていて面白い空間です。

入り口を入るとリスをはじめ、うさぎやモルモットなどの様々な生き物がお出迎えです。


ソーシャルデスタンス・・。

人間との距離を保ちつつもモルモットに接近します。

エサは100円で購入でき、いろ色な生き物にあげることができます。


皆、それぞれエサを購入し気になる生き物に近づいていきます。


前回の動物園同様、生き物達と接する機会の少ない都会生活において動物に触れ合う体験は非常に貴重な時代になっていると感じる今日この頃。地域との関係を保ちつつ運営している雰囲気のりす園は独特で、人の少ない期間に足を運んで良かったと思いました。


ウサギ達と触れ合った後は、いよいよリスと直接触れ合えるコーナーへ。

彼らの好物であるひまわりの種を100円で購入し、エサのあげかかたのレクチャーを受けます。リス達は爪が鋭いのでエサ用のミトンと手袋を装着しいざ!


近い!

めちゃめちゃ近い!

しかもお腹がすいているのか、獲物を狙うハンターの目つきでどこからともなくピュンピュン飛んできます。

瞬発力と跳躍力に驚かされながらも、むきむきのリス達にエサをあげていきます。

中には頭に飛び乗られたり、袖の中に入りそうになっている生徒も!!


動物が苦手なお友達は「リスクを避けると言って遠くから眺めていました。」




リス達の後は自分たちのご飯!

ということで、お隣は薬師池公園に行き昼食をとります。

この日も天気に恵まれて、気持ちの良い梅園で昼食をとりました。


ことしもいよいよ残りわずか。

免疫力を上げて寒さに負けないように。

それではそれでは。


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示