検索
  • 大澤

いざ入山!


今回もいい天気!

というわけで今回は写真にもある通り滝山城跡に行ってまいりました。


「っていうか、滝山城って?」

という方も多いと思います。

実は私自身も東京に住んでいながら知りませんでした。


が、なんと今回は上級生があらかじめ事前学習を通じてレジュメを作ってくれていたのです。


「滝山城は東京都八王子市にあるお城で・・・・

北条氏康の三男・北条氏照の居城として知られており、多摩川や秋川を堀に利用した天然の要害で・・・小田原攻撃に向かう武田信玄の軍勢に攻められ、落城寸前にまで追い込まれたため、八王子城を築城し移転することになりました。」

そう、実はこの滝山城は、このあいだ行った八王子城を築城するきっかけになった城なのです。

内心、「また八王子城の様に急な山城だったらどうしよう。」と思っていましたが、どうやら八王子城よりはなだらかなようです。



JR八王子駅からバスに乗ること15分程度、滝山城跡で下車すると目の前に山の入り口が現れます。近くでルートを確認し、いざ本丸を目指します。


入り口は竹と広葉樹が広がっており、背の高い木々に囲まれた静かな雰囲気です。

出だしはやや急ですが、皆さんどんどん進んでいきます。



そして今回、突然活躍することになるのがこちら。

スマートフォンアプリと連動することで、スマートフォンを通して当時の建造物が見れるのだそうです。ポ◯モンのアプリと同じ様な感じですね。


画面はこんな感じですね。

絵は粗めですが、実際のスケール感が伝わりやすいと思います。


一応、画面の中でも赤の一張羅を着た武田軍が攻めております。


やはり自然の土地を生かしたお城ということだけあって、普段登っている山とは違った雰囲気があります。不思議な地形や見晴らしなど、お城の設計がとても考えられている感じがして面白いですね。


こちらは肉眼では見えづらいですがおりになっており、近くで見るとかなり勾配差がある様に感じました。落ちると危ないので、急なところは自然とふざけずに慎重になります。

普段の山とは違った違和感を感じずにはいられない絶妙な高低差加減が、自然の地形を生かしていると言われる所以の一つですね。


中の丸から見える景色です。

天気も良く景色も綺麗です。確かに傾斜がきつく、こちら側は登って来づらいことが良くわかります。

いい景色を見ながらお弁当を食べることにしました。

日陰は風があってやや寒いですが、日に当たっていればとても心地の良い気温でした。


お弁当を食べ終わった後は鬼ごっことだるまさんがころんだです。

結局城跡を見学しているよりも走り回っている方が心地よいのか、あっという間に時間が過ぎていきました。

気を取り直して本丸へ向かいます!!



いや、本丸めっちゃ近いです。

しかも結構寒いので、お弁当は中の丸で食べて正解でした。

そういえば、八王子城の本丸で食べた時も結構寒かった様な。




帰りはちょっとさまよったりもしましたが、サクサク進んで無事に下山です!

最近足腰が鍛えられているのか、皆歩き疲れ無くなっているような気がします。

たくましいですね。


今回のフィールドワークもお疲れ様でした!

次回もお楽しみに!

30回の閲覧
​お問いあわせ・お申し込み
  • Facebook
  • Instagram
Copyright(c)1999 HIRU-net All rights reserved.